竜ヶ崎第一高等学校 同窓会

会長挨拶

染谷信洋 白幡同窓会会員の皆様にはご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。

日頃本会並びに母校の充実発展のために深いご理解と温かいご支援を賜り心から感謝申し上げます。

本年は四月二日(土)の同窓会総会開催となりましたが、今回も総会に先立ち、在校生の吹奏楽部による演奏と応援団及びチアリーダーからのエールで総会を盛り上げていただきました。

総会においては、招待学年の高十九回生、高三十四回生、高四十九回生、高五十九回生並びに定時制十五回生、三十回生、四十五回生、五十五回生の出席者の皆さんに陶芸家植竹敏氏(高二十七回)作製の湯呑みを記念品としてお贈りしました。総会の審議・承認事項等については「総会報告」欄をご覧ください。

今年度は活動の柱の一つとして、ホームページを立ち上げることにしました。同窓会の活動状況がよく見えるように、横井篤美校外幹事が中心となって鋭意進めています。

会報も年内には皆様のお手元にお届けすることができるようになりましたが、内容も年々充実してきています。ご協力に感謝いたします。

六月の白龍祭には、今年も同窓生有志が参加して餅つき大会を行いました。お揃いのポロシャツを誹えたのでたいへん人目を惹きました。売上金は熊本大地震で被災された方々のために役立てていただくよう学校側に委託しました。 今年は野球部が夏の県大会準々決勝まで進む活躍をしてくれましたが、球場でも例のポロシャツを着た一団が熱い応援を繰り広げていました。

八月末には神奈川に出かけ、湘南高校と小田原高校の同窓会活動の様子を伺ってきました。だいぶ充実した活動をしており、たいへん参考になりました。対応してくださった両校の役員や事務局の皆さんには心から感謝いたします。

九月に入って、毎日新聞が首都圏版の「母校をたずねる」シリーズで、竜ヶ崎一高の卒業生や一高にまつわる話題を取り上げてくれました。各県一校という中で、本県からはわれらが母校が選ばれたことをとても嬉しく思いました。

後輩の皆さんの活動に関しては、折にふれ校長先生はじめ職員の皆さんからご案内をいただいております。先生方の熱心なご指導に、心から敬意を表する次第です。

本会では、関東大会以上の大会に出場する生徒に対して「奨励金」を贈口王していますが、ライフル射撃で浅井優太君が全国大会で優勝してくれたのをはじめ、皆さんが期待に応えて活躍してくれ、たいへん嬉しく思っています。

竜ヶ崎一高は今年創立百十六年目ですが、百二十周年に向けて学校側と連携をし、皆さんのご支援ご協力をいただきながら方向性を考えてまいります。どうぞよろしくお願いをいたします。

結びに、会員の皆様のますますのご多幸ご活躍と母校のさらなる充実発展をご祈念申し上げ、ご挨拶といたします。


「竜ヶ崎一高白幡同窓会会報 (第28号)」より 白幡同窓会会長 染谷信洋





同窓会組織

 

平成29・30年度 白幡同窓会の本部役員・校内/校外幹事のみなさんをご紹介します。

                     
顧問 野口武太郎 旧中40回
顧問 斉藤佳郎 高校8回
顧問 横須賀英明 高校10回
会長 染谷信洋 高校15回
副会長 小倉培夫 高校20回
副会長 大和佐知雄 高校28回
副会長 関口広行 高校26回
監事 山田 實 高校26回
監事 宮本正俊 高校10回
                                         
校外幹事長 倉持正男 高校27回
校外副幹事長 小嶋 豊 高校10回
校外副幹事長 木野内昭治 高校13回
校外幹事 服部俊夫 高校25回
校外幹事 篠塚文男 高校28回
校外幹事 横田 久 高校28回
校外幹事 櫻井篤美 高校29回
校外幹事 赤塚 誠 高校30回
校外幹事 大野雅之 高校30回
校外幹事 大野雅彦 高校31回
校外幹事 小嶋吉浩 高校31回
校外幹事 福田道義 高校31回
校外幹事 本田仁子 高校31回
校外幹事 山崎 睦 高校31回
校外幹事 宮本順紀 高校32回
校外幹事 有川 保 高校33回
校外幹事 霜村裕通 高校33回
校外幹事 磯山佳美 高校34回
校外幹事 海田磨起代 高校36回
                             
校内幹事長 矢口 博 高校29回
校内幹事 塚原 勇 高校28回
校内幹事 秋山栄子 高校29回
校内幹事 張替晴男 高校31回
校内幹事 椎名健司 高校33回
校内幹事 内田昌美 高校34回
校内幹事 加藤真由美 高校35回
校内幹事 高野健二 高校37回
校内幹事 津脇義明 高校37回
校内幹事 寺田義弘 高校40回
校内幹事 室津彰信 高校48回
校内幹事 斉藤健太 高校50回
校内幹事 市村武士 高校51回
校内幹事 西本重雄 高校52回




茨城県立竜ヶ崎第一高等学校白幡同窓会会則

第1章 総  則
第1条 本会は茨城県立竜ヶ崎第一高等学校白幡同窓会と称する。
第2条 本会は会員相互の親密提携をはかり,かつ母校を後援することを目的とする。
第3条 本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1 会員名簿および会報の発行
2 母校後援のための活動
3 その他本会の目的を達成するため必要と認められる事業
第2章 会  員
第4条 本会の会員となるものは次の通りとする。
1 本校の卒業生,旧制竜中ならびに併設中学校の卒業生
2 本校全日制第2学年,定時制第3学年修了者およヽび旧制竜中第3学年以上修了者にして本会会員たることを希望する者。
3 前項以外の在籍者にして本会会員たることを希望し,3名以上の会員の推薦を受けた者
第5条 本校卒業生は,必ず入会義務のあるものとする。
第6条 本校職員および旧職員は客員とする。
第3章 役  員
第7条 本会に次の役員を置く。
会 長 1名  副会長 若千名  監 事 2名  校内幹事長 1名
校外幹事長 1名  校外副幹事長 2名  幹 事 若千名  顧 問 若千名
第8条 会長に副会長および監事は会員中より総会において選出し幹事長は幹事の互選とする。幹事は支部長,'本校在職会員ならびに各回より推薦された,若千名を会長が委嘱する。
第9条 会長は会務を総理する。副会長は会長を補佐し,会長に事故あるときはその職務を代行する。
第10条 幹事長は会長の指揮を受け,会務を掌り事務局を主宰する。監事は会計を監査しその結果を総会において報告する。
第11条 役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。補充により就任した役員の任期は,前任者の残任期間とする。
第12条 本会は事務局を母校内に置き,会長の委嘱する本校在職会員をもって構成し会務に従事する。
第4章 会  議
第13条 会議は総会および幹事会とする。
第14条 会議は必要と認めるとき会長がこれを招集する。
第15条 総会および幹事会の議事は出席会員または出席幹事の過半数をもってこれを決し,可否同数のときは議長の決するところによる。
第16条 総会はこの会則に別に定めるものの外,次の事項を審議し議決する。
1 事業計画および予算の承認
2 事業および決算報告の承認
3 本会の事業執行ならびに会務の運営に関する事項
4 その他,幹事会が特に必要と認めた事項
2 定期総会は毎年4月の第1土曜日,もしくは第2土曜日とし,母校において開催する。ただし,必要あるときは,臨時総会を開くことができる。
第17条 幹事会は,この会則に別に定めるものの外,次の事項を審議し議決する。
1 事業計画および予算
2 事業の執行および決算
3 その他,会長が特に必要と認めた事項
第5章 会  計
第18条 本会の資産は会費,寄付された財産ならびに資産その他より生ずる収入によってこれにあてる。
第19条 本会の資産は会長がこれを管理し,本会の経費は資産のうちから支弁する。
第20条 新会員は入会の際,会費6,000円を納入する。
第21条 本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとし,その経理は監事の監査を受け,総会の承認を得なければならない。
第6章 支 部
第22条 本会は地域により支部を置くことができる。
第23条 支部は,毎年少なくとも1回総会を開き,支部長はこれを会長に報告する。
付則 1. 会則の変更は,総会の決議により定める。
2.本会則は,昭和`43年4月7日より施行する。
3.入会金は,昭和53年4月より改定する。
4.入会金は,平成8年4月より改定する。
5.第16条は,平成18年4月より一部改定する。
6.第7条は,平成24年4月7日より一部改定する。
7.第16条第2項は,平成26年4月より改定する。




平成29年度 年 間 事 業 計 画

同窓会では竜一高の発展の為、いろいろな事業を行います。

1 同窓会報の発行について ・白幡第29号の発行を行います。
・12月発行予定。
・A4 判 20ページ紙面を予定。
2 総会の招待学年について ・今年度の招待学年:卒業後50年の高20回生、卒業後35年の高35回生、卒業後20年の高50回生、卒業後10年の高60回生を招待。
・今年度の招待学年:定時制16回生、定時制31回生、定時制46回生、定時制56回生を招待。
・次年度以降のの招待学年について:卒業後60年学年を追加とする。
3 白龍祭への参加について ・もちつきで竜一高を盛り上げます。
4 同窓会ホームページの新設
について
・昨年度立ち上げたHPをより充実したものにします。
5 同窓会所蔵品関係の整理
について
6 創立120周年記念事業実行委員会
の設立について
・学校/PTA/同窓会が三位一体となり2020年の創立120年に向けて準備を進めます。




協力金のお願い

白幡同窓会では部活動や学校行事等への援助をはじめ、会報発行や同窓会活動の活性化など、 同窓会の事業運営などの充実を図るため同窓生の方々からのご理解とご支援をいただきたく存じます。

つきましては、協力金の寄付をいただける方は、一般銀行から下記の口座宛てお振込ください。
一口2,000円のご支援を賜りたくお願いする次第です。


銀行名: ゆうちょ銀行 〇三九(ゼロサンキュウ)支店
当座預金: 口座番号 0032403
名義人: 白幡同窓会事務局

または、

銀行名: 常陽銀行 竜崎支店
普通預金: 口座番号 0539817
名義人: 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校
白幡同窓会長 染谷信洋

※お振込の際は振込人名欄に卒業回(→卒業回早見表)も加えてご記入ください。

《お問い合わせ先》茨城県立竜ヶ崎第一高等学校 白幡同窓会
〒301-0844 茨城県龍ケ崎市平畑248
Tel. 0297-62-2146(代表) Fax:0297-62-9830
E-mail:shirahatadousoukai@gmail.com


同窓会名簿の発行

同窓会会員名簿の発行 「白幡同窓会会員名簿」は、平成2年の同窓会総会で5年ごとに発行することが決定されました。5回目の発行となり ます今回の会員名簿は2段組とし、平成27年3月の卒業回より記載事項をクラスごとの50音順記載に変更しました。 また、各卒業回の幹事一覧を記載することにしました。母校への郷愁を誘い、会員相互の架け橋となる名簿を作 成するに当たり、できる限り正確な情報を把握することに努めてまいりました。今後とも、より正確な名簿にするため、 引き続き住所変更等の情報を同窓会事務局までお寄せくださいますようお願い申し上げます。